新SOP「S5:終撃応与」の使用感

とりあえず買ってみたので色々使用感とか

終撃応与の効果

調べようと思ってはいたんだけど…
被った内容書いても仕方ないので先に人柱してたのでこっちから内容を

抜刀時のダメージ量に応じて、納刀時にHPとPPを回復。威力2%上昇。

40万ダメージ
 → HP20% PP30

70万ダメージ
 → HP60% PP100

回復タイミングは納刀から0.5秒ちょい経過後で
その間 納刀状態の維持が必要

パット見た感じアナカテスの潜在と同じ効果の様ですね

追加で調べた所
ザンバースによるダメージでダメージの蓄積は出来ず
累加追撃によるダメージで蓄積は可能になっていました

Hrソードと非常に相性の良いSOP

Hrソードだと何が強いかというと
「気弾」「テクニック」「フォトンブラスト」「エネミーによる打ち上げ」
等の行動にて納刀扱いになり

特に気弾とテクニックの2種類の任意で挟みやすい手段を持っているのが
非常にSOPの効果を活用しやすい様に感じました

とりあえずはHrだとギリエタロナだったのが
安定してエタロナライン越えられそうな感じには差を感じる…

PP回収能力の大幅増加によって
PP効率に問題のあったブライトネスエンドを連発しやすい事
サ・フォイエやイル・ゾンデによる移動にて移動を兼ねつつ納刀を出来る事が非常に強い

HP回復面でも優秀

妙の巧志にはHP回復効果があるのでこちらについても書いてみます

HP回復といえばヴェイパーオブバレットが
ヒット数を稼ぎやすく回復しやすいのかなと思うのでこれで考えます

仮にヴェイパーオブバレット1hit25000 * 5hitとして
70万ダメージを与えるにはヴェイパー6回

ヴェイパー6回を妙の巧志であれば30上限 * 30hit = 900回復
終撃応与であれば今回の私のHPで1323回復となり
回復期待値的な面で見ても妙の巧志よりかはいくらか回復しやすいと言えそうです

当然ですがヴェイパーに限らずヒット数の少ないPAでも
70万の条件を稼ぐ事が出来るので
この辺りも妙の巧志よりも強いと言えるんじゃないでしょうか

ただ条件が与ダメージという事もあって部位倍率に左右される面もあるので
部位倍率の低い部位ですと逆転しかねないのと
最大HPの60%を回復する効果ですからHPが少ないと回復量も下がるのと
納刀から0.5秒の経過が必要となっており即時回復効果ではないので
この辺りは注意が必要かもしれません

クリティカル率の話

無条件に2%の倍率ついてるのずるじゃん…って感じではあるんですが
大体の方は妙の巧志から乗り換える事でクリティカル率の低下が考えられます

昨今人権レベルとなっているリングのR/Cストライクは
ウィークアタッククリティカルの条件を満たさない限りは機能不全を起こしがちで
エフォートシンボルによる妥協かPキーパーを付けてHP管理をするのが重要となります

で、リングと妙の巧志が消えるとなると
何の補助も無い状態でクリ率が5%になり武器側のSOP
妙撃の志2が機能不全を起こし始めるので活実の志2や諸刃の撃を入れた構成にするか
若干武器の持ち替えについて縛られますが六色構成にするか検討した方が良いと思います

上記の構成となるとS2枠が悩ましいですね…
流石に終撃応与入ったクラースあればPP周りの補助しても仕方ないので
火力になると思いますけどデメリットのある諸刃か倍率の低い剛撃しかない問題

ただ私は最近もうソードに関しては六色でいいんじゃないかなぁと思ってます
以後火力比較系の記事についても六色想定で書いていこうかと…

さいごに

他クラスについては考える程の時間が足りてないので
物凄く良いと感じたら記事にするかも…という感じ

ただHrをやってて思ったのは
クリティカル率を妙の巧志を抜きで確保出来て何かしらの納刀をする手段を持っている事
クリティカル率を確保出来ないが1本の武器である程度動けて任意に納刀出来る事
このどちらかの条件は満たしたい様に感じます

とりあえずHrソードについては人権級に強いのではという感じなので
1つは確保しておくといいんじゃないでしょうか

Twitter

当サイトでは記事更新時のTwitter通知をしています
また記事の修正や追記などの情報も発信してます!
よければフォローお願いします!ヾ(。>﹏<。)ノ゙
フォローする → @qwervcxzblog

PSO2

Posted by ranger