現環境での応変やゲノンによるPP回復速度比較まとめ

オービットシリーズ上位のノヴァシリーズ実装…って事で
PP回復関連の話でも書いておこうかと思いまして

ノヴァシリーズの潜在は機動応変一式か二式の選択性でS3とS4付与可能と
オービットシリーズ・ミラージュシリーズの上位互換となっています

PP回復速度比較

ゲノン以外は S1:気輝応変 S2:気輝応変 S3:輝勢の恵 S4:輝器応変 フレイズリカバリー
ゲノンはS2:災転輝与 S3:災転輝与 フレームは適当に手動連打で取った数値
ホミ連 20f ナバ連8f想定
PP自然回復アップやPP消費軽減はシフドリの10%のみ考慮

新実装のノヴァシリーズはオービットと同じ潜在+SOPなのでオービットよりは強いですが
回復特化に作ったバルアルズにすらPP回復量は勝てない

そして応変じゃとても歯が立たない程に今の環境だとゲノンによるPP回復が圧倒的に早いという感じでした

計算した感じだとノヴァの潜在 今はPP回復量+200%なのですが
+2250%くらいにすればゲノンといい勝負出来るかなと思いました()

さいごに

ゲノンには「自らの入力が出来る状況でしか使えない事(デウス戦の移動中とか効かない)」
と「HPが減る為 回復制限下などで使いにくい事」など欠点はあるので
応変付いた武器の完全上位とはなりませんが

基本応変武器じゃゲノンには歯が立たない上に回復量も微妙なので
新実装のノヴァシリーズをPP回復に使うのは微妙という感じです…

Twitter

当サイトでは記事更新時のTwitter通知をしています
また記事の修正や追記などの情報も発信してます!
よければフォローお願いします!ヾ(。>﹏<。)ノ゙
フォローする → @qwervcxzblog