私の考える「面白いクエスト」作りについて

こうなんか最近のPSO2は全体的に新クエストに対しての
「つまらない」的な感想を良く見かけるようになった様に感じるんですが

逆にどうなれば面白いと感じられるか的な部分が無いと
この評価ってあんまり意味を為さないよなぁ的な…事も感じてまして
あくまで私の考える面白みや面白いゲーム設計像みたいな願望を書いていきたい

他プレイヤーとの協力要素

私はPSO2の売り要素って
オンラインアクションゲームである事だと思うんですよね…

であればオンラインアクションゲームとしての面白さを追求するのであれば
他人との協力
を推すのが一番かなって

ですけど現在の野良でのクエスト参加は
「同じ電車に乗ってる人とだいたい同じ方角に向かってる」くらいの感覚で
協力しているとは言えるとは思えないんですよね…

じゃあどういうのが他人との協力かって言うと

先日書いたこれとかまさにそうなんですけど
「邪竜の羽ダウン中に2本どうやって折ろうか?」ってなった時に

他者と話し合って「ここをこうしたらいけるだろ」とか「いやそこはこっちだろ」とか
考えれば工夫出来る要素があるクエストに対して協議し実行するのは凄く楽しい

具体的には誰がラコニウムソード持つかとか
ザンバースどうするかとかWBどうするかとか
チェインをどう切るかとかRaとTeを分けたほうがいいかとか

PSO2の楽しい部分というとこういう物だと私は思います

エンドレスクエストはいい…

「無限連戦:追憶の彼方へ」なんかは
PSO2史上最も長生きしてるクエストなんじゃないでしょうか

正直 ナベチ弱点と敵を倒せの差が酷すぎたり
ショック付与前提のエルダー部位破壊9本だったり
ドリンク飲み直す為に死に戻りして何回もランダムドリンク厳選させられたり
敵が強くなりすぎてる中AISの性能が放置で周回数嵩んだマガツが酷すぎたり
問題点は山積みだとは思うので何かしら改善が欲しいなぁとは思うんですけど

1年以上経った今現在もプレイしている人が居るって凄い

このクエストは安易なレアアイテム配布で人を釣っている訳ではなくて
行きたくなければ行かなくていい 自分から行きたがってる人だけが参加する
EP6では考えられない程 設計はいいなと

マルチであればそれこそ"協力"しないと進めない様になっていますし…

私の考える今のPSO2のつまらなさの問題

これらを踏まえて思うのが

・安易なレア配布やレア掘りでプレイヤーにやらされている感を与えている事
・協力出来るコンテンツが少ない事
・「協力出来る他者」との出会いが無い事

少なくとも現在感じる大きな問題点は3点かなぁと

根本的に他者との出会いがないからこそ
協力出来るコンテンツが実装出来ないみたいな事になっているような気もするのもあるので
そもそもの他人との出会いを何かしらの方法で支えるシステムがあれば
大きく改善出来るんじゃないかとかなんとか…

まぁ日本人自体の気質の方に問題があるのかもしれないんですけども…

さいごに

PSO2マスコットキャラクターがラッピー リリーパ アークマ ニャウ
って感じな事に納得いかなくてこの記事を書きました

早く電撃トナカイランド実装しろ

Twitter

当サイトでは記事更新時のTwitter通知をしています
また記事の修正や追記などの情報も発信してます!
よければフォローお願いします!ヾ(。>﹏<。)ノ゙
フォローする → @qwervcxzblog