勘違いしてはいけない「法撃属性」や「法撃部位倍率」について

いつか書こうと思っていた
思っていたけどやっぱ今じゃないか~と思って流してたそういう話

はじめに

PSO2をプレイしてて 打撃属性 射撃属性 法撃属性
などと言った言葉を聞いた事はありますでしょうか

この言葉を良く聞くのはヒーロータリスで殴る時とか
デッドアプローチとかが多いと思いますしwiki等でも使われています

さらに言えば
先日発表されたガンナーの調整などでも「打撃属性」という日本語が使われています

打撃属性=打撃部位倍率参照 ではない

物凄く勘違いしやすいかつ重要な話で

例えばヒーロータリスを例にします
ヒーロータリスによる攻撃は「法撃力依存」「打撃属性」の攻撃ですが
打撃属性だから打撃部位倍率を参照するかといえば違います

打撃属性というのは単に打撃スキル倍率が影響している事を指しています

ヒーロータリスの場合だとCスト法撃じゃなくてCスト打撃を装備しようね!みたいな
そういった意味で解説する際に使います

正直これは私としては難解な日本語だと思うので
「打撃属性」という表現よりも少し長くはなりますが「打撃スキル参照攻撃」とでも
呼んだ方が変な伝わり方がせず誤解の生まれにくい表現かなと思っています

法撃部位倍率とは

これもややこしさを増やしている一因かなと思っています

例えばですが
深遠なる闇の法撃部位倍率は 0.845(0.65*1.3)とかなり低くなっています

ですがこのグランツの最大ダメージの計算には一切0.845という数値が出てきません
(4380-315)*4.17783763*1.1*1.13632896*2.47*1.56/5*1.05=17177.09485

これは何故かというとそもそもテクニックは法撃部位倍率を参照しないからです

じゃあ何を参照するかというとグランツの場合 光属性倍率(1.56倍)のみ を参照しています

なので
邪竜のしっぽに法撃耐性がある→しっぽにテクニックを使わないようにしよう!
は完全な誤りで氷テクが他の部位と比べて弱くなったりもしません

じゃあ何が法撃部位倍率を参照しているかというと
先に述べたHrタリスやペットによる攻撃の場合 参照されます

さいごに

文中でも書きましたが「日本語がややこしい」のは間違いないんですけど
しっかり理解しておかないと誤った情報の流布や
誤情報に騙される原因となり得る部分です

ダメージ計算を自分でするにしろしないにしろ
「○○撃力依存」「○○属性(スキル倍率参照)」「○○部位倍率参照」という部分は
なるべく覚えておきたいワードかなって思います

Twitter

当サイトでは記事更新時のTwitter通知をしています
また記事の修正や追記などの情報も発信してます!
よければフォローお願いします!ヾ(。>﹏<。)ノ゙
フォローする → @qwervcxzblog