解式PAに影響のある要素などの検証まとめ

2019年9月5日

ついに解式されました…というかされてしまいました
とりあえず何が影響して何が影響しないのかをさくっと調べる事にしました

インペリアルクリーヴの仕様

威力がクソ高い…何か裏があるのではと思ったら普通に書いてあった

JAやスキル シールドなどの効果が無効される

威力配分

全5ヒットの4ヒットが12.5% 1ヒットが50%となっています

ダメージ計算の仕方

実ダメージを取って考えました

ドラスレ
オフス

部位倍率 及び 属性倍率 及びに PA倍率が参照されますが
その他の倍率は一切参照されません

SOP 潜在倍率 JA スキル倍率無効 また謎倍率と呼ばれる倍率1.05倍も無効になります

ただし「自らの打撃力 OP 時限マグ チームツリーなど 打撃力に直接影響するステータス」
「属性値」「武器の攻撃力」などは参照されるので注意が必要です

(つまり光跡よりもシャヴァルの方が強いし アウェイクよりディムのが強い)

バリアー系統を貫通

グラーシアは打撃倍率1.5 光倍率1.8に半減が掛かっているのですが
解式PAには掛かっていませんでした

グラーシア以外でもアンガの耐性や表記されている通りですが
エネミーシールドなども無視するらしいです

つまりバリアー系の物に貫通するみたいな感じです

AISエクソーダ

生身の場合 ダメージが4倍になるエクソーダですが

こちらは逆にダメージが増えません
打撃倍率1 光1.2として計算されるため 撃つだけ損となります

扱いとしては逆バリアーと言った感じで扱われてるのかなとかなんとか

※場面によって有効な場面はあるとは思うので撃ってはいけない訳ではない

部位倍率が低いor防御力が高いだけなら貫通しない

バリアーは貫通と書きましたが
「部位が硬いだけ」のものは貫通しないので注意が必要です

ニャウ

なんかダメージ通る気がしたのでやってみましたが
普通に低ダメージしか出ませんでした

ファルスアーム

永遠の輪舞に登場するファルスアーム
何故か無属性の武器でしかダメージが入らない仕組みになっています
がこれも同じくダメージが入りませんでした

イザネカヅチ

防御力が高いだけのエネミーイザネカヅチにはダメージが通りませんでした

WBについて

あらゆるスキル倍率を無視する解式PAですが
ウィークバレットについては無視されません

ウィークバレットの効果は解式PAに乗っているのが伺えます

たぶんこれはスキルとしての倍率ではなくて
部位そのものに倍率が掛かってるのだと思います

クラフト武器のダメージのブレについて

ブレるかどうか気になったので調べました

ぶれなかった場合に予想される最大ダメージと最小ダメージ(武器攻撃力の90%)を
算出し 実際にミシルガスード相手に撃ってみました

クリーヴの小さい方のダメージ2つを見て
最大ダメージは186249で一致してますが
最小ダメージは予想した数値177556を下回りました

つまり明らかにブレが発生しており
これは武器攻撃力の71.18%程度のダメージとなっていました

もしクラフト武器で使わなければならない状況であれば
なるべくクリティカル率を補って使う事を心がけた方がいいのではないかと

まとめ

基本的には 属性値 打撃力の高い武器が有利
→ つまり シャヴァルは打撃力が光跡よりも強く倍率も無視なのでやたら強い

サブクラスはFoでもFiでも倍率は変わりませんが打撃力は参照されます
→ 打撃力アップなどは参照されますので打撃が高い方が有利

弱点属性で攻撃すれば強くなります
→ 火力を出すならば属性は合わせましょう

バリアーなどには特に有利
→ だけど部位倍率が低い相手に有利な訳ではありません

Twitter

当サイトでは記事更新時のTwitter通知をしています
また記事の修正や追記などの情報も発信してます!
よければフォローお願いします!ヾ(。>﹏<。)ノ゙
フォローする → @qwervcxzblog