個人的にはエキスパ条件はロナーになってほしい話

2019年7月22日

当記事では誰かを個人攻撃するつもりや意図も無い
頭のおかしいやつが変な事を書いてるな~感覚で読んでもらえればと思う

エキスパートの割合

エキスパートの割合は3割弱しかいない
何度も主張するが たったの3割弱しかいない
つまり20%台であり28%かもしれないし29%かもしれない
そして残りの7割強は非エキスパートである

※誤用の多い言葉なので追記しておくと 弱というのは掛かっている言葉よりも少ない場合を表す

個人的に各コンテンツに難易度を付けるとすれば

エキスパ条件にロナーどうこう言うのであればまず
ロナーというのがどの程度なのかの認識を言わねばならないだろう
フォーエバーロナーを100とした時に現状の各コンテンツに難易度を付けるならば

100 フォーエバーロナー
50 エンドレスロナー
30 狂想Sクリア
20 マウスSクリア

正直な所このくらいに感じている

※追記を↓に書いたのでこの表現に疑問の有る方は読んでもらえればと

そしてこういう表現は悪いのかもしれないが
エキスパート内ですら30と50の差や
30と100の差が存在しており
少なくともそれなりに上手い側のプレイヤーは
エキスパートがエキスパート出来ていないと感じるのもこういった部分から来ているのかなと

エキスパ条件はロナーになってほしい

何故そう思うか…というのを述べれば1つめは前述の通りで
エキスパート内で格差が無いとは思えないので正常化するには必要かなと

2つめであるがぶっちゃけ
固定を組む努力はするし普段から基本的に固定に参加しているが固定を組みたくはない
ネトゲの人間関係だとかにはうんざりしているので
努力をしなくていいのであれば努力をしない方向性に突き進みたいと私は思う
(これは私情だな…)

問題点と理想

当然というかなんというかエンドレスロナーになったとすれば
人が居ない問題が発生するのは明白であり 大きく主張も出来ない理由でもある

という訳で理想を述べるのであれば単純にエンドレスロナーが増える事
勿論これは武器が強くなるという形ではなく プレイヤー平均が強くなる事で
そうなればロナーが条件になったとして何ら困らない

ロナーになるくらいがいいバランスなのではないかとも思う

これは前から思ってる事なのですが

当然弱い人に合わせて強い人だけをピンポイントに弱体化させるなんて発言は
バランス調整をする側が言っていい言葉だとは思えないが
バランス調整を下手な人に合わせていかなければならない…と運営が感じてしまったのは
プレイヤー側のレベルの低い層の割合が圧倒的多数な点にもあるような気がする

これを木村大先生のように述べると
これは「多数決で需要の高い方を選んだ」結果なのかなともとれなくもない

プレイヤー全体の質が上がればこんな方向性ではなく
また違った方向性に運営も向いてくれるんじゃないかななんて…

結局何を言いたかったか…というと

やはり現状のエキスパシステムでは格差がいくらなんでも大きすぎて
正常に機能しているとは言えないのではないか という事

バランス調整を正常な方向で期待するには全体の質が上がらないと
取り合ってすらくれないのではないか という事

まぁ最近はあの"マリオ"ですら「お手本プレイ」なる自動でクリアしてくれるような
初心者に優しいシステムが追加されたり初心者に寄せた設計になっていたりはしますが
やりこんでる人が楽しめないゲームというのはゲームというよりもゲー無なので

「やらされてる感」を感じる事なくプレイヤー全体のレベルが上がる仕組みの開発と
(正直7年目の運営に期待して良いことなのかどうか分かりませんが)
今後やりこんだプレイヤーが楽しめるようなゲーム作りを出来る環境になればいいなと思います

正直な所 方針に楯突く上手いプレイヤーが全員出ていけば上手く解決も出来るので
とっとと上手い人は別ゲーでもした方がいいのではないかなんてのは少しだけするなんて…

また私個人としても強くなりたい…と思うプレイヤーになにか出来ればなんて思ってはいるので
出来る事があれば教えてください!

追記

フォーエバーロナーが100ならエンドレスロナーは20とか30で
独極は5とか10じゃない?といった感想を頂いてますが

私は主張したい

真実を書くと荒れる」と

なるべく自慢と受け取られそうに無い かつそれなりの差があるというのを
ギリギリ表現出来ると思った数値が50と100です
あんまりな数値表現するとまじで荒れると思ったので
こういう表現にしてますお許しください

Twitter

当サイトでは記事更新時のTwitter通知をしています
また記事の修正や追記などの情報も発信してます!
よければフォローお願いします!ヾ(。>﹏<。)ノ゙
フォローする → @qwervcxzblog