☆15を12本拾ったのでUH卒業 UH以降の方針の感想とかについて思う事

2019年5月25日

内訳
レゾナントカタナ × 2
レゾナントライフル × 4
レゾナントロッド × 2
サーペンブレイズ × 4

というのはおまけで真の狙いはラッピーエッグ × 2
ようやく必要数の確保に成功しました

ここまで平均にすると1日12週以上イースター回っていた気がします
フリーはそんなめちゃくちゃ回ったわけではないですが
1日1時間以上は少なくとも回ったと思います

感想とか

惰性で回っていた闇の狂宴を除くと
幻惑の森以来のレア掘りゲーだったような気がします

個人的には光跡やイクス系の様な何の努力もしなくても手に入る配布武器が
最強の環境の方がカテゴリー変更もあって色んなクラスに手を出しやすく
環境としては大好きで
レア掘り マルぐるを推していくYSOK体制はあんまり好きではありません

全クラスでロナーを達成出来た そういう環境を作れたのは
「ある程度緊急を無視してもよかった」「努力しなくても装備が手に入った」
濱崎体制だったからでもあり 濱崎体制の良かった所かなと

あと まるぐるなんかは基本的に時間を長く効率よく回れる人が有利な
だけのシステムでそこにPSO2が上手い下手で変わってくる要素というのが
どうしても少なくなってしまいます
時間をかければ有利なだけのシステムはソーシャルゲームで満足しているので
他に救済策があってもいいんじゃないか…と思いました

ドロップ率の話

体感ですが☆15自体のドロップ率については
ワイルドイースターUHがまるぐるに比べてやや高く感じました

とはいえイースターだとレゾナント2種はそんなには出ないっぽいので
カタナロッド狙いなら今の所はまるぐるしてた方がいいんじゃないかな~
といった感じです

狙ったレアを狙えるかどうかという話であれば
レゾナントのライフル サーペンブレイズ辺りはボロボロ落ちたので
イースターT連さえ参加出来れば十分狙える確率でしょう

その他の☆15は現状だと辛そうですが
終の艦隊や超化エネミーTの実装である程度緩和されるのかなとも思います

それでも不人気武器であるダインオンブロスは超化T連で狙う…
とはならないでしょうから今後も緩和されなさそうに感じる
需要の薄い武器だとそもそもトリガー連出来ないと思うし
今はいいけど今後めっちゃ強いワイヤーとかが実装された時が不安です

ラッピー14のドロップ率の話

まじでこれだすまでが辛かったんですけど最終的に2匹出てよかった

同じくらいイースターT回してる人は3匹?4匹?程度出していたのと
フリーフィールドのドロップ数を見てると☆15並のドロップ率なのかな…
と言った感じです

ラッピーというペットを使うには無いと論外レベルなのに
何故やたら渋いんでしょうか…
パフェのドロップも狙わないといけない闇のゲームなんですから
もうちょっとサモナーに優しい世界になってもいいんじゃないでしょうか…?

さいごに

とりあえずこれにてリリーパUH 及び イースター2019は
一段落という事にしようと思うんですが
6月12日以降またナベリウスUHに籠もらないといけないと思うと
ワクワク感よりもげんなりした気持ちが強いので
暫く何もしなくていい期間が欲しい…と思って仕方がないです

現状発表されているナベリウスUHの武器種も
新実装のPh武器と比べると不人気カテゴリなので不安も強い…

まぁ何はともあれ必要な物は揃ったので暫くレア掘りなんて概念を
忘れ去ろうと思います いや忘れたい

Twitter

当サイトでは記事更新時のTwitter通知をしています
また記事の修正や追記などの情報も発信してます!
よければフォローお願いします!ヾ(。>﹏<。)ノ゙
フォローする → @qwervcxzblog