S3抜きの方が火力が高いケースも存在するという話

当ブログでは度々 電撃PS についての言及をしているが
その繋がりの話

たまには批判ではなく肯定をしてもいいじゃないかと思ったので
今回のケースを紹介したい

本人はコスパが悪いと語っているものの
初見で見た時はコストもパフォーマンスも最悪なのでは?と思った
しかし実は強い可能性が出てきたのが今回の記事

ファントムの素手射撃力はいくつ?

まずダメージのシミュレーションをする上で
重要なのは素手攻撃力をいくつで想定するか…になる

後継クラス…という事なのでヒーローと近い数値になる…
と思われる

Hrで射ユニ(op180)を装備しシフドリを飲みシフタを掛けた時の数値

Hrで汎用ユニ(op120)を装備 PPドリを飲みシフタを掛けた時の数値

あくまで予想値…になるが今回は2550と2050くらいを想定した

比較する特殊能力

235盛り S1増幅 S2光子」よりもコストパフォーマンスの高そうなOPを考える

ステのみが上昇するシュートⅥを抜いて
S3剛撃を追加しS1が弱くなる分S1を錬成に変更するのが
公平な比較かつ コストもパフォーマンスも上昇するのが予想出来る

つまり「185盛り S1錬成 S2光子 S3剛撃

最大与ダメージの計算式

=((素手攻撃力-敵防御力+武器攻撃力+武器OP)*部位倍率+(武器攻撃力/100*属性値)*属性倍率)*潜在倍率*SOP倍率*リング倍率*スキル倍率*PA倍率/5*1.05

みたいな式で出す事が出来る…

普通に計算すると面倒なのでシートを作った

実際に考えていく

今回はまず一般的(?)なエネミーの
射撃部位倍率1 弱点属性倍率1.2を想定した

僅かといえば僅かではあるが
素手ステ2050 素手ステ2550共に s3を入れた方が強いという結論になった

何故ステータスより倍率の方が強いといわれているのか

今回踏まえておきたいのは
倍率とステータスの強弱関係は何が原因で起きているか
ということ

法撃職は他クラスよりステ盛りが強いだとか重要だとか
そういう話を聞いた事がないだろうか?

そういう話は当然根拠があって
テクニックでのダメージは武器による属性ダメージが発生しないからである

要するに
武器による属性ダメージが大きくなればなるほど
ステ盛りの優位性は失われるよ

ってこと

それともう一つ踏まえておきたいのが単純に攻撃力が増しているから
攻撃力2000に50盛るならともかく4000に50盛っても焼け石に水だよね?
的な話でもある

考えるケース

ステ50がs3剛撃より強くなる環境を考えるのであれば
部位倍率が高く属性倍率が低い環境を想定すればいい

よくあるケースがヘッドショットだ
そして更に非弱点属性で殴ればその分 武器による属性ダメージも下がる
結果ステ50の価値が爆上がりする算段になる

射撃部位倍率2.0 属性倍率1.0を想定した

残念ながら
素手ステ2550を想定した状況ではs3剛撃を入れた方が強くなったが
素手ステ2050環境ではs3剛撃を上回る計算結果になった

要するに何をしているか…を解説すると
DFルーサーの頭を非弱点属性の武器で殴ったと考えるといいと思います

まとめ

ファントムのライフルがどの程度ヘッドショットを取る事が出来るかは
現状未知数でしかないが
非弱点属性のエネミーのHSを狙う際は s3抜きの方が強い場合がある

なお私にはそういう想定をする事に価値があるのか分かりません
なので S1錬成とS3剛撃を入れた構成にした方がいいんじゃないかとは思います

Twitter

当サイトでは記事更新時のTwitter通知をしています
また記事の修正や追記などの情報も発信してます!
よければフォローお願いします!ヾ(。>﹏<。)ノ゙
フォローする → @qwervcxzblog